お掃除・収納ガイド>捨てる技術

捨てる技術-不要なものは処分してお片づけ-

スッキリした部屋を作ることは、まず「物を捨てること」から始まります。余計なものが溢れている部屋は、片付かないうえに掃除もしにくくなります。
自分のライフスタイルに統一感を持たせるためにも、必要なもの、そうでないものをしっかりと判別するようにしましょう。

===========

捨てる決心をつけるための8の言葉

捨てるもの全てに思い出や思いがあり、なかなか捨てることができないこともあります。そんな時はこれらの8の言葉を見てください。
きっと前向きな気持ちで物を捨てることができるはずです。
>>捨てる決心をつけるための8の言葉

 

洋服・靴・バッグの処分

洋服、靴、バッグなどのファッションに関係するものは、自分を表現するための大切なもので、どうしても増えてしまいがちなものです。
しかし、増える一方で使っていない物がどんどん埋もれていくようなクローゼットではなく、必要なものをすぐ取り出せる使い勝手のいいクローゼット作りを心がけるようにしましょう。
>>洋服・靴・バッグの処分

 

本・思い出の物・愛着のある物の処分

一生懸命勉強したときに使っていた教科書や、大切な本、思い出のつまった物を捨てるのには勇気がいります。
そんな自分や相手の気持ちがこもっている物を処分する際には、限られているスペースに残せるものは残し、捨てるものはすてる、という潔さが大切になります。
>>本・思い出の物・愛着のある物の処分

 

パソコンの処分法

不要になったパソコンでも、そのまま処分してはいけません。環境への影響もありますが、個人情報などのデータ流出の危険性もあるからです。
データを消去した後はリサイクルに出すようにしましょう。
>>パソコンの処分法

 

それでも捨てられない人は

[片付けることができない」、「片付けてもすぐに散らかってしまう」という悩みを持つ人も少なくありません。
「だらしがない」と自分を責めたりする前に、なぜ散らかるのか、どうして片付けられないのかを考えてみましょう。
>>それでも捨てられない人は

 

===========

当サイト内情報の正確性には十分留意しておりますが、完全性は保証いたしません。掃除・収納に関するコンテンツについての具体的な質問はお受けしておりません。